第47回

マイカーローン(自動車ローン)に保証人は必要?

「日常生活の移動に自動車が必要」「週末には家族でドライブに出かけたい」、このように、自動車の購入にはさまざまな理由がありますが、いずれにしろ高額のお金がかかります。そのため、多くの方がローンを利用した購入を考えるのではないでしょうか。しかし、高額なローンのため保証人が必要なのかどうか、気になっている方も多いと思います。そこで、今回はマイカーローン(自動車ローン)の申込み時に保証人が必要かどうかについて解説します。

マイカーローン(自動車ローン)の保証人の必要性

そもそもローンの保証人とは、「人的担保」ともいい、万が一契約者が返済できなくなったときに契約者に代わって返済する人のことです。ローンの種類や借入金額、ローンの契約者の状況によって、金融機関から保証人を求められることがあります。

保証人の必要性

マイカーローン(自動車ローン)に関しては、基本的に多くの金融機関で保証人が不要です。マイカーローン(自動車ローン)は、大きく分けると以下の2種類になります。

  • 自動車メーカー系列の信販会社やディーラーが提携している信販会社が融資するローン(ディーラーローン)
  • 銀行や信用金庫、消費者金融等の金融機関が融資するローン(金融機関ローン)

前者のディーラーローンでは、一般的にローンを完済するまで車の所有権はディーラーのままです。少し難しい言葉になりますが、このような売買形態を「所有権留保付割賦販売契約」といいます。この契約では、万が一契約者がローンの返済をできなくなったときに売り主(融資者)は自動車を取り戻し、換価したうえで残代金の回収を図ることが可能です。

一方、後者の銀行をはじめとする金融機関のローンでは、金融機関が指定する保証会社の保証が受けられることを条件とするところが多い傾向といえます。なぜなら、万が一契約者がローンの返済をできなくなったときでも、金融機関は保証会社から未返済分を肩代わりしてもらえるからです。この場合、ローンの契約者は金利以外に別途保証料を支払わなければなりません。金融機関にもよりますが、保証料は別途提示されていたり、金利に含まれていたりします。これらの事情から、マイカーローン(自動車ローン)では基本的に保証人が不要とされているのです。

マイカーローン(自動車ローン)で保証人を求められるケースとは

マイカーローン(自動車ローン)では、例外的に保証人を求められる場合もあります。実際に保証人が必要かどうかは個々のケースや金融機関によってさまざまですが、一般的には次のようなケースが該当します。

  • 未成年
  • 学生
  • アルバイト・パートで経済状況が不安定
  • 収入が少ない
  • 返済負担率が3割以上
  • マイカーローン(自動車ローン)の申込み金額が多い
  • 他に借り入れをしている
  • 支払いの遅滞をしたことがある

そもそも未成年の場合、親などの法定代理人の同意がない借り入れは取り消しできることが民法に定められています。そのため、多くの金融機関でマイカーローン(自動車ローン)の申込みは、20歳以上であることが条件です。しかし、なかには18歳以上から申込みできるところもあります。このように未成年者が申込む場合には、親など法定代理人の同意はもちろん、連帯保証人を付けることが条件です。

また、どんな種類のローンでも同じことですが、「安定かつ継続した収入がある」ことは融資条件のひとつです。しかし、マイカーは住宅とは異なり安定かつ継続した収入がない学生の場合も日常生活で必要になることがあります。そういったケースでは、別途保証人が必要とされるのが基本です。

一方で、継続した収入があっても収入額が少なかったり、他の借り入れやマイカーローン(自動車ローン)自体の申込み金額が多かったりする場合は返済能力が低くなります。年収に対するローンの年間返済総額の割合を「返済負担率」といいますが、返済負担率が高いほど債務不履行になるリスクは高いといえるでしょう。返済負担率の基準は、どの金融機関も公開していませんが、一般的には3割程度が目安とされています。これを超えると保証人を求められることが多い傾向です。

マイカーローン(自動車ローン)の保証人に適した人とは?

保証人が必要となれば、誰かに保証人になってもらえるようお願いしなければなりません。とはいえ、誰でも保証人として認められるわけではないことも知っておきましょう。保証人は、契約者が返済できなくなった場合に代わりに返済する人であることは前述しましたが、言い換えると保証人自身の返済能力も求められるということです。

保証人に適した人の条件

そもそもマイカーローン(自動車ローン)は、原則として保証人が不要なローン商品です。それにも関わらず、保証人を求められるということは、契約者以上の返済能力を示せる人であることが必要になります。また、保証人になるということは保証人自身が借金をすることと同様の意味をなします。

後々お金のトラブルが発生する可能性も否めませんから、金融機関からも他人ではなく、基本的には契約者の親族を保証人にするように求められることが多いでしょう。その他に保証人として適する人の条件は、一般的には次のような人たちです。

  • 成人(ただし、高齢者、年金生活者は認められない場合があります)
  • 継続・安定した収入がある(年金収入のみは認められない場合があります)
  • 自己破産や支払いの遅滞をしていない
  • 税金の支払いを遅滞していない
  • 反社会的勢力ではない
  • 返済負担比率が基準以下
  • 収入に釣り合わない借り入れをしていない

保証人が過去に自己破産や支払遅滞等の信用事故情報がある場合や、保証人自身に借り入れがあり保証人を引き受けることで返済負担率が大きくなるような場合は認められない可能性があります。

保証人の責任

ひとくちに保証人といっても「保証人」と「連帯保証人」があります。これらの違いを知っておくことも大切です。「保証人」は通常、お金を貸した債権者からいきなり貸金の返済を求められることはなく、仮に返還請求をされても、まずは先に借り入れた本人に請求するよう抗弁する権利があります。また、借り入れた契約者の資力を証明し、契約者の財産に対し強制執行するよう求めることができます。

一方、「連帯保証人」にはこのような抗弁権はなく連帯保証人となった時点で契約者と同じ返済義務を負います。つまり、保証人よりも重い責任を負うことになってしまいます。契約者が延滞した場合、連帯保証人は即座に返済する義務を負っているのです。

マイカーローン(自動車ローン)で保証人を求められる場合、ほとんどの場合は「連帯保証人」です。保証人を依頼する側も引き受ける側も、まずは保証人の責任をきちんと理解しておきましょう。実際の返済請求では、まずはローン契約をした契約者に対して返済請求がいくのが一般的です。連帯保証人への請求の流れは、一般的には次のようになります。

  1. 契約者本人の返済が遅れた場合に契約者本人に対して督促が届く
  2. 督促に応じず、契約者本人が返済を行わない場合、連帯保証人に督促が届く
  3. 契約者本人が支払わない場合は連帯保証人がローンの肩代わりをする

このときの連帯保証人への督促は、電話または郵便で連絡が来ることが多い傾向です。なお、連帯保証人が肩代わりしなければならないのは、借り入れ元金と利息以外に遅延損害金も含まれます。

保証人を用意できない・付けたくない場合の対処法

保証人を見つけたくても、「保証人として適当な人が身近にいない」「保証人になってくれる人がいない」「誰にも頼みたくない」という人もいるでしょう。そういう場合の対処の方法も知っておきましょう。

ローンを利用せずに現金で購入できれば保証人は不要です。しかし、お金が貯まるまで猶予がないようなケースもあるため、現金で購入する話はあまり現実的な対処法とはいえません。そういう場合は、申込みする借入金額を減らすことを検討してみましょう。借入金額を減らすには一般的に次の2つの方法があります。

残価設定ローンを利用する

残価設定ローンは、3年後、5年後などの残存価値(下取り価格)をあらかじめ決め、残価分を差し引いたうえで借入金額を設定するローンです。残存価値(下取り価格)を差し引く分、借入金額が減少しますから審査に比較的通りやすくなります。多くの場合は、ディーラーローンで取り扱いされていますが、残価設定型のマイカーローン(自動車ローン)を取り扱う銀行もあるため確認してみましょう。

頭金を用意する

できるだけ頭金を多く用意することで借入希望額を減らすことができます。借入希望額の減額後に審査をしてもらうことで審査に通る可能性が高まるでしょう。頭金を用意できたということも審査にプラスになることがあります。

おすすめ!マイカーローン(自動車ローン)の徹底比較!「イー・ローン」

「マイカーローン(自動車ローン)に保証人が必要かどうか」「どのような場合に保証人が必要か」について見てきましたが、実際には金融機関によって条件は異なります。マイカーローン(自動車ローン)の利用を検討している人は、さまざまなローン商品で取り扱い条件を確認するようにしてください。

ただ、マイカーローン(自動車ローン)はたくさんの金融機関が取り扱っているため、どれにすればよいのか悩ましいですね。そういった場合は、多くのマイカーローン(自動車ローン)をランキング形式で確認できるイー・ローンを利用してみてはいかがでしょうか。総合・実質年率・アクセス数・申込数など、さまざまな視点でランキングを確認することができます。イー・ローンで、自分の条件にぴったり合うマイカーローン(自動車ローン)の商品を見つけることができるかもしれませんね。

まとめ

基本的にマイカーローン(自動車ローン)は、保証人が不要です。しかし、どのローンでも契約者に充分な返済能力がなければ融資してもらえません。原則、保証人が不要なマイカーローン(自動車ローン)でも契約者の信用状況によっては例外的に保証人が必要となる場合もあります。

一般的には、未成年や学生、パートやアルバイトのように安定継続した収入がない人や、借入金額が多く年収に対する返済負担率が高い人は、保証人が必要とされる場合が多い傾向です。また、保証人になる人にも返済能力が求められますから誰でもよいわけではありません。基本的には契約者の親というように、親族を保証人とするよう求められる傾向があります。しかし、保証人自体に多くの借り入れがある場合や過去に金融事故を起こした人は、保証人として認められない可能性があるため注意が必要です。

保証人には、債務の返済義務が生じますから依頼する側も引き受ける側も安易に考えず、きちんとどのような責任があるのか理解しておきましょう。保証人を用意できない場合には、借入希望額を減らしてみることも方法のひとつです。借入金額を減らすには、残価設定ローンを利用する方法や、頭金を用意する方法があります。保証人が必要かどうかは金融機関によっても異なりますから、さまざまな金融機関のローン商品を比較して、自分に適するローンを選ぶようにしてください。

  • マイカーローン総合ランキング
ライター紹介
續 恵美子(つづき・えみこ)
氏名
續 恵美子(つづき・えみこ)
保有資格
日本FP協会認定CFP®
主なキャリア
生命保険会社にて15年勤務した後、ファイナンシャルプランナーとしての独立を目指して退職。その後、縁があり南フランスに移住。夢と仕事とお金の良好な関係を保つことの厳しさを自ら体験。生きるうえで大切な夢とお金のことを伝えることをミッションとして、マネー記事の執筆や家計相談などで活動中。

融資の審査に関する内容につきましては、特定の金融機関がお申込みされたお客様に対して独自に行うものであり、当社は審査の過程および結果については一切関与しておりません。また、特定の金融機関の審査への適合性、正確性、完全性について保証するものではありません。