第107回

住宅ローンで叶ったモダンなカフェ風の家。中古物件をリノベーションしました。

兵庫県にお住まいのドラゴンバスターさんは、住宅ローンを使って、中古物件を購入してリノベーションしました。物件はほぼ土地代のみで購入できたため、浮いた予算をリノベーション代に回して理想の家に。予算内で広くてモダンな家が完成しました。

オーナーさんデータ
兵庫県 ドラゴンバスターさんご一家(仮名)
家族構成:
夫・ドラゴンバスターさん(30代後半・会社員)、妻(30代後半・パート)、子ども
建設時の世帯年収:
400~500万円
購入した住宅:
中古物件(リノベーション会社はフロントハウジング)
延床面積と間取り:
土地:212.24m2、建物1階:73.70m2、2階:57.13m2、5LDK
購入価格 :
3,355万円(中古物件:2,580万円、リノベーション代:775万円)
利用ローン:
三井住友銀行「住宅ローン(変動金利型)」
金利タイプ:
変動金利型
金利:
0.475%(令和3年4月実行)
ローン借入金額 :
3,090万円
借入期間:
35年
毎月の返済額:
7万9,000円

家を建てるのに土地を探していたドラゴンバスターさん。希望の場所で見つけたのは、広い中古物件でした。
ドラゴンバスター
築16年の物件でしたが、外観も室内もきれいで、最初に見たときからリノベーションしたらオシャレに大変身するだろうなと思えました。
角地で南向き、バス停やスーパー、学校もすぐ近くと、申し分のない立地も魅力でしたね。便利で人気の場所だけに、新築や注文住宅だったら手が出なかったと思います。幸運なことに、その物件は建物の価格はほとんど含まれず、ほぼ土地だけの価格で売り出されていました。
安く購入できる分、リノベーション代に予算を回せます。リノベーションならウッドショックの影響もなく、しかも、住宅ローン控除対象物件だったのも決め手になりました。
丁寧に対応してくれるリノベーション会社を見つけたドラゴンバスターさん。理想的なリノベーションができました。
ドラゴンバスター
以前住んでいたハイツの雰囲気がよく、「家を建てるなら、こういう感じにしたい」と思っていたので、どんなふうにリノベーションするか、イメージは明確でした。コンセプトは「石目調のオシャレモダンなカフェ」にしました。
床はもともとフローリングでしたが、張り替えはせず、貼り付けタイプにしました。おかげで好きなデザインが選べ、1階の床はグレーの石目調で開放感あるデザインに、2階の床はウォールナット調で引き締めました。1階と2階で雰囲気の違いを楽しんでいます。
リノベーション前は、玄関の狭さが気になっていました。隣に納戸があったのですが、玄関との間に壁があり、リビングからしか入れませんでした。そこで、余計な壁は壊して玄関から直接行けるようにしました。

リノベーション前の玄関。
隣の納戸へは、リビングからしか行けなかった。
玄関から直接行き来したかったので、壁を壊した

リノベーション後の玄関。広々とした空間を確保。
飾ってある大剣のレプリカはお気に入りのコレクション。
7キロもあるため壁を補強してもらった

玄関から入れるようにした納戸は、第二の玄関として大活躍

リノベーション前のリビング

リノベーション後のリビング。
グレーを基調として、開放感のある空間に

キッチンは前の住人が残してくれていたが、
リクシルのリシェルSI(セラミックトップ)に変更

リノベーション前の和室。
引き戸があったため、空間が分断され、狭く感じられた

リノベーション後の和室。引き戸をなくし、ロールスクリーンに。
余ったスペースに壁を追加。
濃淡が異なる2色の畳を交互に使用し、全体のモダンな雰囲気に合わせた

浴室は妻の意見を取り入れ、汚れが目立たない壁と床を選んだ。
家全体の雰囲気に合っているうえに、明るく開放感があり、くつろげる

脱衣所もカラーを統一。
洗面台はもともとあったものをそのまま使用し、コストカットした

階段には手すりを装着。
床面と立て面で色を変え、立体感を出した

2階はホテルの結婚式場のようなイメージにしたかったので、照明はシャンデリアに

広い2階の廊下にパソコン用机を設置。
吹き抜けがあるため、2階にいても家族と会話ができて便利

新居での生活は、カフェでくつろぐような感覚に。広々とした家に子どもも大喜び。家じゅう走り回っています。
ドラゴンバスター
我が家は、土地代、リノベーション代を合わせても予算内におさまったため、家具も妥協せず好みのものを購入できました。好きなものに囲まれて満足しています。
リノベーションする際は妻の意見も聞き、相談しながら決めました。自分だけでは思いつかないアイデアも提案してくれたので、より素敵になったと思います。
中古物件をリノベーションしたことで、子どもが傷や汚れをつけてもそれほど気になりません。新築だと、あれこれうるさく言っていた気がします。リノベーションは、私の性格にも合っていたと思います。
ローン借入金額は3,090万円。三井住友銀行の「住宅ローン(変動金利型)」を選びました。
ドラゴンバスター
大手金融機関のローンで安心感がありました。金利が0.475%と他と比べても低いのも魅力でした。
住宅ローンの種類によってはリノベーション代を住宅ローンに組み込めず、別にリフォームローンを借りなければならない場合もあるそうです。また、住宅ローンの借り入れ時にリノベーション会社が決まっていないと、リノベーション代は組み込めません。私たちはリノベーション会社を早く決めましたし、不動産会社とリノベーション会社が密に連携していて、申請書類をすぐに用意してもらえたので、問題なく組み込めました。
月々の返済額を負担の少ない8万円以内に抑えるために、頭金を265万円払い、35年ローンにしました。
結びに、ドラゴンバスターさんのように、リノベーションで理想の家に住みたい人へのメッセージを伺いました。
ドラゴンバスター
中古物件をリノベーションしたおかげで、新築物件を購入するよりも大幅にコストカットできました。
洗面台など、以前住んでいた方が残してくれたものをそのまま使用できるのも、思いがけないメリットでした。今のリノベーション技術は高度で、まるで新築のように大変身します。予算面も仕上がりも満足でき、正解でした。
相場価格を知ることや、余裕を持って動くこと、ある程度の予算を決めることも大切だと思います。短期間で決めてしまうと、あとから「こんなはずではなかった」と感じることもあるかもしれません。自分に合った家を探すためにも、ある程度時間をかけることをおすすめします。
ライターからのコメント。

基本的な家の造りは変わらないのに、リノベーションすることでとても素敵なご自宅になりましたね。
人気の場所で新築物件を購入すると、どうしても高額になりがちです。でも、中古物件を選んでリノベーションをおこなえば、新築同然の家が低コストで手に入りやすくなります。
リノベーションの場合、金融機関によっては住宅ローンを利用できず、金利の高いリフォームローンで借り入れすることになる可能性もあります。リノベーション費用も一緒に借りられる住宅ローンなのかどうか、しっかり調べましょう。

※今回ご協力いただいたドラゴンバスターさんのブログ「リフォームでオシャレモダンに大変身(マイホーム)&その人に合った幅広い車紹介blog」のURLは https://ameblo.jp/yousuke-i0131/

ライター紹介

齋田 多恵 の写真

齋田 多恵 (さいだ たえ)

東京生まれ。成蹊大学文学部日本文学科卒業。
法律事務所で社会人生活をスタートした後、女性向けエンタメ系サイトのライター兼ディレクター、モバイルゲームの運営、女性向けモバイルゲームのシナリオディレクター、シナリオライターを経験。
妊娠、出産を機に2016年からフリーライターとして活動開始。

企画/カデナクリエイト、編集/イー・ローン