りーすとりひき

リース取引

リース取引とは、特定の物件の所有者たる貸手(レッサー)が、当該物件の借手(レッシー)に対し、合意された期間にわたりこれを使用収益する権利を与え、借手は合意された使用料を貸手に支払う取引をいいます。リース取引はファイナンスリース取引とオペレーティングリース取引に分けられます。ファイナンスリースとはユーザーが選んだ商品をリース会社が購入し、貸与するサービスになります。中途契約解除ができず、修繕費はユーザー負担となり、リース会社は物件の瑕疵担保責任を負わないなどがあります。オペレーティングリースはファイナンスリース以外の取引を行い、リース終了時点で資産価値を引いた額を月割りしてリース費用を算出し支払います。