ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > イー・ローン TIMES > ローンで叶った!私の○○ > マイカーローンで叶った憧れのフェラーリ。景色が変わりました。

ローンを活用して長年の夢をかなえた人をインタビュー!ローンで叶った!私の○○

ローンを活用して長年の夢をかなえた人をインタビュー!ローンで叶った!私の○○

「念願のガレージハウスを建てた」「海が見える丘の上の家を買った」「学生の頃から憧れていたあの外車を購入」――。ローンを活用することで、長年の夢だったマイホームや車などを手に入れた人にインタビュー。こだわって良かったポイントや妥協したポイント、業者との付き合い方やローンの選び方など、購入後に後悔しないためのコツに迫ります。

第51回
マイカーローンで叶った憧れのフェラーリ。景色が変わりました。 (2017年05月09日)

愛知県在住の塩尻さんは、学生時代から憧れていたフェラーリ360モデナを、マイカーローンを使って購入。新しい世界が拓けたそうです。

オーナーさんデータ
愛知県 塩尻 和也さん(仮名)
家族構成:
独身(32歳・会社員)
購入時の世帯年収:
600~700万円
購入した車:
フェラーリ360モデナ(2002年式)
購入価格:
980万円
自己資金:
500万円
利用ローン:
第三銀行 「マイカーローン「速~い」」
金利タイプ:
固定金利型
金利:
1.9%(2013年1月実行)
ローン借入金額:
480万円
借入期間:
5年
毎月の返済額:
5万円+ボーナス払い30万円

中学生の時に外国車に興味を持った塩尻さん。「30歳までにフェラーリを買う」という人生の目標を立て、29歳のときにその願いを叶えたそうです。
塩尻
中学生の時に外国車に興味を持ち、高校生の頃から輸入車雑誌を年間購読し、社会人になってからは、貯金をしつつ希望の車が出てくるまで、毎日中古車情報をチェック。フェラーリの中でも「360モデナ」という車種に憧れていて、それだけを探していました。4年前に走行距離が7,000km程度の2002年モデルのフェラーリ「360モデナ」を発掘。その週末に販売業者のある東京に行き、白く輝くモデナとご対面。その日のうちに購入を決断しました。
フェラーリ「360モデナ」は、1999年にお目見えした、フェラーリ初のオールアルミニウムボディのスポーツカーです。
塩尻
私が購入した2002年モデルは、いわばセミオートマチックといえる「F1マチック」の制御が見直されて、前期型よりもかなり乗りやすくなっているのが特徴です。
愛車の2002年式フェラーリ360モデナ。学生時代から憧れ続けてきた名車

愛車の2002年式フェラーリ360モデナ。学生時代から憧れ続けてきた名車

納車後、運転シートに座ってみると、夢だったフェラーリオーナーとなった実感がふつふつと湧いてきました。
魅力は、なんといってもフェラーリサウンド。まるでNA(自然吸気エンジン)を採用していた頃のF1を彷彿させるような、甲高いエンジン音がたまりません。一度トンネルに入ろうものなら独壇場ですね。
キャプション:革張りのインテリアやパネル類も、フェラーリならではの高級感

革張りのインテリアやパネル類も、フェラーリならではの高級感

もちろん、スタイリングも最高です。最近のフェラーリのデザインはまとまっていてスマートな印象ですが、このモデナはリア周りがどっしりしているところがかえっていいんですよね。眺めているだけでも、仕事の疲れが癒やされてきます。洗車をしてピカピカに磨き上げるのが楽しくて仕方ありません。
車体後方の窓からはエンジンルームが見える

車体後方の窓からはエンジンルームが見える

フェラーリのような外国車は壊れやすく維持費がかかるイメージがありますが、予想より維持費はかからなかったそうです。
塩尻
7,000kmしか走っていないのに、いきなり冷却水やオイルが漏れたり、タイミングベルトを交換する必要が出てきたり、トラブルはありました。国産車ではありえないことですよね。
でも、想定していたよりは維持費や修理費はかかりませんでした。4年間保有してきた平均出費額は、自動車保険代が年間15万円程度、維持費が年間35万円程度。部品交換、整備が入った年で年間100万円程度でした。国産車の維持費と比べれば高いですが、僕のようなサラリーマンでもなんとか維持できています。
何より、そんなトラブルや維持費などが許せちゃうくらい最高な車。見ているだけでもテンションが上がるし、大人をこんなに楽しませてくれるものはないと思います。モデナに乗ると、「また仕事頑張ろう」と間違いなくモチベーションが上がりますね。
フェラーリを持つ喜びを実感できる、伝統の跳ね馬のエンブレム

フェラーリを持つ喜びを実感できる、伝統の跳ね馬のエンブレム

フェラーリを購入したことで、新たな人との出会いも生まれたといいます。
塩尻
毎月フェラーリオーナーが集まるオフ会に参加させていただいているのですが、経営者の方や驚くほど高年収の方など、正直、サラリーマンをしているだけだと出会えないような世界の方々と出会えました。こういう方と話をするのが本当に楽しいし、勉強させていただいています。
ローン借入額は480万円。第三銀行の「マイカーローン」を選びました。
塩尻
購入した時は、貯金を全てはたきましたが、それでも半分ぐらい足りず、マイカーローンを利用することにしました。メガバンクやJAなど他の金融機関も比較し、三重の地方銀行である第三銀行のマイカーローンに決定。決め手は金利の低さ。融資してもらえるかどうかが心配でしたが、無事審査に通りホッとしました。
最後に、フェラーリの購入を検討している人へのメッセージを伺いました。
塩尻
「車体だけでなく維持費も高い」とフェラーリを買うのにはかなり躊躇してしまう方が多いと思います。しかし、実際に所有してみると、思った以上に壊れませんし、本当に楽しい車で生活を豊かにしてくれる、と実感できました。好きならば、多少のトラブルも笑って乗り越えられますね。
また、フェラーリは大きな買い物ですが、リセールが抜群にいい。1,000万円で購入した場合、売る時に500万円以下の値段がつくことはほぼありません。良い車体を探せば、売却金額でローン完済といったパターンのオーナーもたくさんいます。
フェラーリに乗りたい気持ちがあれば、僕のように一歩踏み出してみることをおすすめします。きっと、見える景色が変わりますよ。

ライターからのコメント。

マイカーローンも、どの金融機関で借りても同じというわけではありません。期間限定で金利引き下げのキャンペーンを実施している金融機関もあります。メガバンクや地方銀行、信用金庫、ネット専業銀行、損害保険会社、ノンバンクなど、多様な金融機関がマイカーローンを用意しているので、ぜひ比較検討してください。

※今回ご協力いただいた塩尻さんのブログ「フェラーリ乗りに俺はなる!! ~サラリーマンのモデナブログ~」のURLは、http://blog.livedoor.jp/pe993gt2/

文/杉山直隆、企画/カデナクリエイト、編集/イー・ローン

<<前の記事へ

次の記事へ>>