ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > イー・ローンサポート > 日常生活と消費者信用

イー・ローンサポート

イー・ローンサポート

ローンを賢く、安心して利用するための借り方ガイドです。

借り過ぎにご注意!収入と支出のバランスを大切に。
ローンを安心して利用するための基本的な知識やトラブル事例など、正しく幅広いローンの知識を身につけて、賢く使いこなすためのお役立ち情報をご紹介します。

基礎から学ぶ

暮らしと消費者金融〜家庭経済に活かすローンの知識〜

3.日常生活と消費者信用

消費者信用って何?

 消費者信用は、「販売信用」と「消費者金融」とに分けられます。どちらも消費者の「信用」をもとに、お金を用立てるシステムですが、その特徴を一言で言うと、販売信用は「消費者が先に欲しいモノを購入したりサービスを受け、後から支払いをすること」で、消費者金融は「直接お金を借りて使うこと」です。個人の信用は、販売信用の場合も消費者金融の場合も、以下の「クレジットの3C」と言われていることが中心に測られます。

  • 性格(character)・・・返済意思
  • 資力(capacity)・・・返済能力
  • 資産(capital)・・・担保

 クレジット会社は、これらのことを中心に審査します。つまり、返してくれるか、返してくれないかを調べたうえで、クレジット会社は販売信用や消費者金融に関する契約を交わすわけです。「この人は必ず返してくれる人だ」と判断して契約を交わすことを「信用供与」と言います。返してくれそうにもない、つまり信用がないと判断された場合は、契約が結ばれることはありません。

クレジットカードって何?

 現在は、「カード会社」といわれ、生活の多くの場面でカードが使われています。その中のひとつに、クレジットカードがあります。このカードの特徴は、買い物などの代金を後で払うことができます。クレジットカードは、クレジット会社と契約を結んだ人だけが利用できるもので、他人に貸したりしてはいけません。もし貸した場合は、カードの名義人が支払いに関する責任をすべて負います。
 支払いの方法は、大きく分けて以下のようになります。支払い時期はいずれも買い物をした日以降になります。

  • 一括払い(マンスリークリア)・・・買い物代金を全額一括、月単位で支払います。
  • 分割払い・・・買い物代金と金利を3回以上、且つ2ヶ月以上にわたって支払います。
  • リボルビング払い・・・その月の買い物代金金額ではなく、あらかじめクレジットカード会社と会員との間で取り決めた一定金額を支払います。

※ このほかにも、「2回払い」「ボーナス一括払い」などがあります。

販売信用って何?

 販売信用には、「割賦方式」と「非割賦方式」があります。わが国では、非割賦方式の場合は、原則として消費者が手数料を払うことはありませんが、割賦方式でモノを購入したりサービスを受けるには手数料がかかります。その手数料を合わせると、合計いくらになるのかも考えて利用する必要があります。

契約ってどういうこと?

 契約は、消費者が何らかの形で毎日関わっているものですが、わかっているようで案外理解されていないものです。概念的には、「法律による強制力をもった約束」ということになりますが、これは守らなければ法律によって強制されるというだけで、契約そのものの説明にはなっていないような気がします。

  • 契約は当事者間の合意で成立する
  • 契約が成立すると、契約内容について責任を持たなければならない
  • 一方的な理由で契約の解除はできない

 したがって、契約にあたっては慎重に対処する必要があります。なお、契約は必ずしも書面(契約書など)がなくても成り立ちます。「口約束」も立派な契約です。ただし、細かい取り決めや、複雑な約束事項が多いような場合には、後日のトラブルを防ぐ意味でも「書面」による方が良いといえますし、世間一般にはそのように行なわれています。