ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > イー・ローンサポート > 金融機関とノンバンク

イー・ローンサポート

イー・ローンサポート

ローンを賢く、安心して利用するための借り方ガイドです。

借り過ぎにご注意!収入と支出のバランスを大切に。
ローンを安心して利用するための基本的な知識やトラブル事例など、正しく幅広いローンの知識を身につけて、賢く使いこなすためのお役立ち情報をご紹介します。

基礎から学ぶ

暮らしと消費者金融〜家庭経済に活かすローンの知識〜

2.金融機関とノンバンク

金融機関と私たち

 皆さんの家庭では、銀行などの金融機関を利用し、お金を預けたり、住宅ローンなどのローンを借り入れたり、公表料金などの口座振替をしていることでしょう。では金融機関とは、どのようなところなのでしょうか。金融機関の仕事はいろいろありますが、主な業務としては、次の3つです。

  • 預金業務
    不特定多数の企業や個人からお金を預かること。預金には「利息」が付きます。この預金が「貸出」の主要な原資になります。
  • 貸出業務
    主として「預金業務」で集めたお金を、企業や個人などに、一定の条件に基づき、利息を取って貸し付ける仕事です。この「利息」が金融機関の収入になります。
  • 為替業務
    簡単に言えば「送金」や「決済」(貸し借りの関係を終了させること)などの金融サービス業務のこと。金融機関はサービスを提供する対価として手数料をもらいます。国の内外に対して行いますが、国外へのものは「外国為替」といいます。

 金融機関は、お金を預けたい人や企業からお金を集め、必要な人や企業に貸し出しています。貸し出されたお金は、さまざまな目的に使われます。企業の場合は、原材料や資材を購入したり、新商品を開発するための研究開発費用などにあてたりします。なお、銀行や信用金庫にお金を預けることを「預金」といいますが、郵便局や農協では「貯金」と呼んでいます。預けたお金にも借りたお金にも「利息」がつきます。利息は利子ともいいますが、お金の使用料あるいは賃借料のことです。

ノンバンクと私たち

「ノンバンク(non-bank)という言葉をよく聞きますが、一体どんな意味でしょうか。
 日本では「銀行・信用金庫などの金融機関以外で預金等の受け入れや為替業務を行なわず、融資業務や商品・サービス代金の立替業務(クレジットビジネス)を営む企業」のことを「ノンバンク」と呼んでいます。「クレジットビジネス」を営む企業は、信販会社、クレジット会社、消費者金融会社、リース会社など、多くの業種があります。
 ノンバンクは、その業態により、特徴のある業務を行なっています。消費者金融会社は、文字通り「消費者を顧客とする金融業」ですが、銀行と比べてより日常生活に密着したお金の貸し付けを行なっています。これ以外のノンバンクの場合は、いずれも「本業」のほかに融資業務を行なっているのが一般的です。たとえば、信販会社やクレジットカード会社などは、商品やサービス代金の立て替えを本業としながら、顧客に対してお金の貸し付けも行なっています。

クレジットカード会社
消費者に後払いで商品(サービス)の購入ができるカードを発行し、購入した商品の代金は、クレジットカード会社がお店(加盟店)に立て替え払いし、消費者は後日、あらかじめ決められた決済日に銀行引き落としのかたちでクレジット会社に支払いをします。
信販会社
消費者の「信用」をもとに、商品やサービスの「販売」代金を立て替え払いします。消費者は一括または分割(割賦)払いで、利用代金を信販会社に支払います。
消費者金融会社
消費者の「信用」をもとに、金銭の貸付を行います。
リース会社
物品・機械・設備などを比較的長期間にわたって企業や個人に貸し出します。なお、短期間の賃貸は「レンタル」といいます。

銀行とノンバンクとでは、一般の人々が利用する場合の「利息」が異なります。簡単に言えば、「銀行はノンバンクより金利が安い」ということになります。しかし、私たちがお金を借りる場合には、「金利の安さ」はもちろん重要ですが、そのほか、「便利さ」「手軽さ」「いろいろなサービスの有無」などを考える必要があります。
 お金の借入れ先はいろいろありますが、借りる場合には金利だけでなく、借りる金額や手軽さを比べることが必要です。たとえば、銀行ローンは比較的大口で金利は安い反面、実際に融資を受けるまでに時間がかかります。これに対して、ノンバンク、特に消費者金融会社の場合は、「受けられる融資は小口で、金利は銀行に比べて高いが、融資を受けるための手続きが簡略化されていて、実際の融資までにあまり時間がかからない。また、利用後の返済の仕方についても柔軟に変更できる」といった特徴があります。
 これらの特徴を比較したうえで、自分の状況や借り入れるお金の使い道などを考慮して、どこが一番便利かを考えてみましょう。必要とするお金が比較的大きく、実際の融資まで十分時間があるのなら、銀行の融資のほうが便利です。小額のお金をとり急ぎ用意したいときには、消費者金融会社の融資の方が便利、ということになります。もちろん、選択は個人の自由です。