ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ

イー・ローンサポート

イー・ローンサポート

ローンを賢く、安心して利用するための借り方ガイドです。

借り過ぎにご注意!収入と支出のバランスを大切に。
ローンを安心して利用するための基本的な知識やトラブル事例など、正しく幅広いローンの知識を身につけて、賢く使いこなすためのお役立ち情報をご紹介します。

基礎から学ぶ

暮らしと消費者金融〜家庭経済に活かすローンの知識〜

1.家計を考える

お金について

 毎日の生活に、お金は欠かせないもの。私たちは、親からお小遣いとしてお金をもらったり、ときにはアルバイトでお金を手に入れることもあります。そして、手に入れたお金をいろいろなことに使います。使いみちはたくさんあります。本を買ったり、ファミリーレストランで食事したり、電車に乗ってどこかに出かけるにも、お金が必要です。そのお金は、私たちからみれば、単に「使ってしまった」ということですが、相手の立場でみれば「稼いだ」ということになります。お金は常に社会の中で回っています。
 世の中で、お金ほど不思議なものはありません。もちろん、お金がすべてではありませんが、お金がなければ生活できません。まじめに働いて手に入れたお金でも、それ以上の方法で、例えば宝くじで1等を当てて得たお金そのものの存在を考えるところから始まります。お金が誕生したのは、生活に必要なものの交換を簡単にするのが目的だったといわれています。いわゆる「交換価値」といわれているもので、昔は金や銀などの普遍的価値を持つものがお金として利用させていました。しかし、現在は、紙のお金の時代です。ときとしては、プラスチックのカードがお金の価値を持つこともあります。
 多くの人々は、「お金は稼ぐもの」と考えています。「稼ぐ」の意味は、「精出して働く」です。お金を得る方法はたくさんあります。まず、その方法を考えてみましょう。
 サラリーマンになって、給料をもらうというのが一般的ですが、Jリーガーやプロ野球選手、あるいは芸術家やタレントになりたいという人もいるでしょう。また、極端な例ですが、「ギャンブルで飯を食う」といった考えもあるかもしれません。
 それらを踏まえた上で、ある日の新聞の社会面をとりあげてみましょう。そこには、お金に関係した事件がたくさん出ています。表面的には関係ないように見えても、どこかで関係している事件は多いものです。「楽して儲ける」のは、そんなに簡単でもなく。良いことでもないということが分かるでしょう。しかし、お金を「汚いもの」と見るものには。賢明ではありません。お金は、稼ぎ方、使い方によって、きれいなものにも汚いものにもなるものです。そして、お金は生活に欠かせないもの。正当に得たお金を上手にやり繰りすることが、賢い消費生活の第一歩です。

貯蓄とローン

 「貯蓄」は将来お金を使う(消費する)ために保存しておくことで、「ローン」は今必要な消費をするためにお金を借り入れることです。つまり、お金を払う(消費の)順番が、後か先かの違いです。家計管理の次のステップは、これからうまく使い分けることです。
 お金をためることの難しさは、多くの人は実感しています。お金をためるための特集が、週刊誌などでよく取り上げられていますが、それだけ読者の関心をひく内容ということでしょう。
 貯蓄は、将来の予想される確定的な支出、もしくは予測させる不意の支出に備えるためのものです。前者は、子供の入学金がかかるとか、家の補修のための費用があてはまり、後者には、病気やけがなどの治療費などがあげられます。どの程度の金額が必要かは、それぞれの家計の情報によりますが、一般的には多い方が安心感は高まります。しかし、その必要性は分かっていても、それほどうまくいかないのが貯蓄です。
 今必要な消費のための借入れをして、後に支払いをするローンは、現代社会では必要不可欠な購入手段になっています。とくに、住宅や車などの高額な支出を伴なうものは、その金額をためるまでの購入できないというのであれば、それらを手に入れるまでに、相当長い期間を必要とするでしょう。
 ローンについては、現在いろいろ問題点も指摘されていますが、貯蓄そのものの難しさもあって、生活をゆとりあるものにするためにも欠かせないものです。ただし、使い方はそれなりの注意が必要です。
 ローンの特徴を一言で言うと、「将来の支出を固定化する」ということですから、毎月の支出を対象にした家計管理もさらに長期的な管理が必要です。

<<前の記事へ

次の記事へ>>