ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > 賢いローン利用研究所 > SMBCコンシューマーファイナンス「プロミスのフリーキャッシング」

賢いローン利用研究所

賢いローン利用研究所

個人向けローンを融資している金融機関と、ローンを利用しているユーザー。その間に立っているE-LOANの担当者が独自の目線でローンの賢い利用方法(借り方、返し方)を研究、解説することによって、借り入れを検討している対象ユーザーが納得して申込できるようにします。
※実際は異なる場合もあります。利用する際には、ご自身でよく検討してご利用ください。

SMBCコンシューマーファイナンス「プロミスのフリーキャッシング」

「Web契約」を活用して急な出費に対応する!事前に準備しておきたい3つのポイント

転換期を迎える消費者金融業界

プロミスは、1962年設立。1983年には業界初の自動与信システムを稼動させた、消費者金融業界のパイオニア的な存在である。長年培ってきたノウハウは「プロミス」ブランドの融資業務に限らず、地域金融機関とのローン保証業務にも活かされている。プロミスは、三井住友フィナンシャルグループと長年提携関係にあったが、2012年4月に完全子会社化されて三井住友フィナンシャルグループの一員となり、2012年7月から新社名「SMBCコンシューマーファイナンス」としてスタートした。

プロミスをはじめとする消費者向け無担保貸金業を営む消費者金融業界の取り巻く環境は、2010年6月の改正貸金業法の完全施行により、大きな転換期を迎えた。

金融庁の貸金業関係統計資料集「業態別の貸付残高」によると、2011年3月末における消費者向け無担保貸金業の貸付残高は3兆6,600億円。前年の2010年3月末の貸付残高5兆3,497億円から大幅に減少しているのが現状だ。また、2010年から2011年にかけては、過払いによる利息返還請求費用が高止まりし、各社の業績を大きく圧迫した。このため各社は、これまでの「無担保融資事業」以外に「海外融資事業」や、与信ノウハウを活かした「銀行無担保融資の保証事業」、「事業者向け融資事業」へ注力をするといった対策をとった。

業界大手のひとつに数えられる同社についても同様に厳しい状況ではあるが、融資事業の新規契約と成約件数については、柔軟な対応によって徐々に回復傾向を見せている。同社が発表した2013年3月期第2四半期決算説明資料によると、申込件数は23万件と順調に拡大 (前年同期比:21万件から9.9%増)、新規件数は9万件と増加 (前年同期比:76千件から17.8%増)している。

参考1
申込件数と新規件数の推移
2011年3月期(中間)2012年3月期(中間)2013年3月期(中間)
申込件数(千件)166.5209.7230.4
新規件数(千件)57.377.190.8

(出典)2013年3月期『中間決算プレゼンテーション』(SMBCコンシューマーファイナンス)p4より一部抜粋

業界を取り巻く各種法令が改定され、事業環境の変化もひと段落し、各社とも「きちんと返済する人に融資する」というスタンスに変わってきているように思える。

申し込んだその日に借りる「Web契約」のために準備しておきたいこと

今やスマートフォンやタブレット端末の普及で、いつでもどこでもインターネットに接続できる環境が整っている。キャッシングやカードローンについても、インターネットを活用した、「すぐに審査結果が分かる」「すぐに借り入れができる」といったニーズに応える商品が最近のトレンドとなっている。もちろん、プロミスも「Web契約」を活用すれば、申し込んだその日のうちに借り入れが可能だ。「Web契約」のために必要なポイントについて、まとめてみた。

1、必要書類を確認、準備しておく

「本人確認書類」と場合によっては「収入証明書類」が必要になる。以下の3つの項目について、予め確認しておくのがよい。

運転免許証の有無
運転免許証を準備健康保険証、またはパスポートを準備する
今回借り入れを希望する金額
50万円以下50万円超
提出書類なし次の書類から1点準備する
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
他社借入金額と今回借り入れを希望する金額の合計金額
100万円以下100万円超
提出書類なし次の書類から1点準備する
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
2、必要書類を携帯電話、スマートフォン等のカメラやスキャナーで画像化しておく

「Web契約」を利用する際は、画像データを指定のメールアドレスに送信する必要があるので、事前に準備しておくとよい。

3、振込口座を準備しておく

普段使っている金融機関の口座で特に問題はない。その日のうちに融資が必要であれば、「平日の昼休みに手続き」(月曜から金曜日の9:00~14:50の間)を実施するように心がけておきたい。昼食をとりながら振込手続きを実施し、オフィスへ戻る際にATMを利用してお金を引き出せばムダがない。ちなみに、三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば、曜日に関係なく24時間受付が可能で、受付完了から10秒程度で振込実施可能だが、引き出す時間帯の「ATM利用手数料」を考慮して、ムダのない手続きを心がけたい。

参考2
受付時間と振込実施時間
曜日受付時間振込実施時間
月~金0:00~9:00当日9:30 頃
9:00~14:50受付完了から10秒程度
14:50~24:00翌営業日9:30 頃
土・日・祝日0:00~24:00翌営業日9:30 頃

(出典)プロミス サービスサイト「キャッシングについて」より一部抜粋

4、返済の見通しを立てておく

自分自身で現在の状況をきちんと把握して借り入れを管理できるよう、利息照会、取引履歴照会、各種設定変更については、パソコン、ケータイ、スマートフォンの会員サービスにログインして確認ができるようになっている。「いつになれば返済が終わるのか分からない」「どのくらい利息を支払っているのか分からない」という声が聞かれ、ルーズな使い方をしてしまう人も少なくないが、利息の計算方法はそれほど難しくない。

  • 利息=借入残高×借入利率÷365日×利用日数
当然、借入残高・借入利率・利用日数が少なければ少ないほど、利息の支払額は少なくなるので、会員サービスを利用して自分自身できちんと考え、余裕のあるときには多く返済をする癖をつけ、キャッシングの利便性を最大限に享受してもらいたい。

SMBCコンシューマーファイナンス「プロミスのフリーキャッシング」

※このコラムに記載されている情報は2012年12月03日現在のものです。

<<前の記事へ

次の記事へ>>