ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > 賢い借り方 > ローン申込時の注意点

賢い借り方

賢い借り方

ローンの選び方や借り方、申込時の注意点などを詳しく説明します。
より良いローンを選ぶためのコツを分かりやすく解説しています。

ローン申込時の注意点

「お金が足りない」「○○がほしい」→手軽に借りられるローンをすぐに申し込む、という行動をとりがちですが、申し込む前にちょっと一呼吸。下記のような点に注意して、上手な借入れを心がけましょう。

ニーズに合ったローンを選ぶ

まずは、目的に合ったローンがあるかどうか探してみましょう。住宅ローンや教育ローン、自動車ローンのような目的別ローンの利用ができれば、使途の制限がないフリーローンより一般的に金利が低い、融資額が大きいなどのメリットがあります。ただし、金融機関によって適用金利などが異なるので、各金融機関のローン商品を比較して選ぶことが大事です。固定金利、変動金利など、金利の種類などにも気をつけて、利用するローンを絞り込みましょう。

住宅ローンの選び方
自動車ローンの選び方
目的別ローンの選び方
カードローンの選び方
不動産担保ローンの選び方
ビジネスローンの選び方

借入れ条件をチェック

金融機関ごとに、またローンの種類ごとに審査の基準があります。まずはご自身が借入れを希望するローンの借入れ資格に該当するかどうかのチェックをしてみましょう。

<主な条件>

  • 借入れ時年齢 ・・・ 一般的に20歳以上65歳未満が多い
  • 完済時年齢 ・・・ 返済期間が長いローンなどにはこの条件がついている場合あり
  • 年収 ・・・ 前年度の年収
  • 返済負担率 ・・・ 借入れ後の返済額が前年度年収に占める割合
  • 居住地等 ・・・ その金融機関の取り扱いエリア内であるかどうか

なお、上記の条件に合致していても必ずしも借入れできるとは限りません。最終的には金融機関の審査次第ですので、ある金融機関で断られた場合でも他の金融機関では融資可能という場合もあります。どうしても借入れが必要な場合には、複数の金融機関にあたってみるとよいでしょう。

「返せるローン」かチェック

ローンは「借りられるかどうか」以上に、「返せるかどうか」が大事。借入金額とローン商品が絞り込めたら、次は、ローンシミュレーターを利用して年間返済額を計算しましょう。具体的な返済額が出ますので、自身の家計と照らし合わせて無理なく返していけるかどうか、しっかり確認しましょう。

別のローンを借りている人は注意

これからローンを借りる人が既に別のローンを借りている場合は、トータルでの返済負担率も審査のポイントになります。一般的に無担保ローンの場合、借入総額 (既に借りている分も含む)が税込み年収の50%以内で、総年間返済額が年収の40%以内であることが目安となります。なお、改正貸金業法により、年収の3分の1を超える貸付が原則として禁止される規制(いわゆる総量規制)が、2010年6月のまでに完全施行されます。今借りているローンの洗い出しをして、念のため確認をしましょう。
また、ローンやクレジットで自身の信用情報を確認してみたい人は、個人信用情報機関を訪ねてみてもいいでしょう。

以上のようなチェックを終えれば、後はローンを申し込むだけ。決定したローン商品の申込みを行いましょう。