ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > 賢い借り方 > 自動車ローンの選び方

賢い借り方

賢い借り方

ローンの選び方や借り方、申込時の注意点などを詳しく説明します。
より良いローンを選ぶためのコツを分かりやすく解説しています。

自動車ローンの選び方

従来は自動車ディーラー経由でローンを組むケースが一般的でしたが、最近では、自動車ローンの種類も増えてきました。取扱いも銀行や信用金庫、信販会社、損害保険会社、消費者金融などと増えてきています。また、借入目的も、新車や中古車の購入のみならず、車検や修理、自動車学校、個人売買、免許取得のためなどにも対応するローンもあります。

もちろん、金利は低いローンのほうが有利なのですが、最近のような低金利時代では、変動金利型は将来の金利上昇リスクがあるので、2〜3年の短期間で返済可能な場合に利用するほうがいいでしょう。逆に、返済期間を5年以上で考えるなら、固定金利型をベースにしたほうが安心といえるでしょう。

また、金利については、銀行ローンでは、給与振込や公共料金の引き落としなどの取引内容に応じて、また2回目以上のローン利用者、ゴールド免許保持者への金利優遇があるケースも多くみられます。ですから、ディーラー経由の情報のみならず、インターネットであらかじめ金利や借入金額などの借入条件も確認して、より有利なローンを探してみると良いでしょう。
なお、途中で全額繰上返済をすることはもちろん、銀行によっては、一部繰上返済も可能なところがあるので、手持ちの余裕資金ができたら活用してみるのも効率的です。

特徴
使途が自動車関連に制限されているローンです。
金利
変動金利と固定金利の2つのタイプがあり、カードローンなど使途に制限のないローンより金利は低めに設定されています。
借入金額
基本的には、自動車の本体価格のみが対象ですが、銀行ローン等は免許取得費用や車検費用なども含めた金額で借りられるケースもあります。
一般的な借入条件
  • 年齢が20歳以上であること
  • 他の無担保借入(カードローンを含む)との合計額が年収の50%以内、他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内が目安
  • 毎月安定収入があること
一般的な必要書類
  • 年収を証明する書類 (会社員であれば源泉徴収票)
  • 住民票
  • 自動車の購入を証明できる書類
  • 本人確認書類 (運転免許証等)他

自動車ローンの種類

種類
取扱機関
メリット
デメリット
信販・クレジット
  • 信販会社
  • 自動車ディーラー
  • 手続きが簡単
  • 短時間の審査でOK
  • ローンに比べ金利が高い
  • 返済が終わるまで、自動車の所有権はディーラーか信販会社にある
自動車ローン
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 損害保険会社等
  • 一般的に、信販・クレジットより金利が低い
  • 免許取得費用・車検費等もローンの対象となる
  • 購入したその時から、車の所有者となれる
  • 手続きがクレジットに比べてやや面倒
  • 審査に時間がかかる