ローン比較リスト 気になるローンを徹底比較! ローン比較リストへ
イー・ローン > 住宅ローン > 住宅ローンガイド > 新規購入:購入物件の予算はこう考えると安心

住宅ローンガイド:新規購入

購入物件の予算はこう考えると安心

身の丈にあった物件予算を

最近では、銀行が取扱う商品は変動金利型や固定金利選択型が中心になり、非常に金利の低い商品が多数あります。多くの人が陥りやすいのは、このような低金利の住宅ローンの当初の返済額だけを見て、よく考えずに過重なローンを借りてしまうことです。
本来なら手が出せない物件に手を出してしまうと、過重なローン負担に悩むことになります。購入価額を自分に適正な規模に抑えることは、ローン設計の重要なポイントです。そのため、「身の丈に合った物件」の予算を考えることが大事です。

適正な物件の予算はこう計算

「まずは、「銀行から借りられる額」「あなたが無理なく返せる額」を計算してください。そのいずれか小さい方が、今のあなたに合った適正な借入額になります。
これに、これまで貯めてきた住宅用資金と、両親等からの資金援助があればプラスします。その合計から諸費用分(新築5〜7%、中古10%程度)を差し引いたものが、「適正な物件の予算」です。
たとえば、無理なく返せる住宅ローン額が2,410万円で、これまで貯めた住宅用の自己資金が590万円、さらに親から300万円の援助がある場合、合計は3,300万円です。新築マンション購入を予定しているなら、170万円程度を諸費用分として手元に残すとして、買えるのは3,130万円。この金額を上限として、それに合わせて物件探しをしましょう。

適正な物件の予算(例)
無理なく返せる住宅ローン額 2,410万円
自己資金 590万円
親からの援助 300万円
合計 3,300万円
▲諸費用分 170万円程度
購入可能額 3,130万円

また、当然ですが、住宅を取得する際も、生活予備費は手元に残しておく必要があります。

適正な物件の予算はこう計算すると安心

適正な物件の予算 = 無理なく返せるローン借入額(a)
+ これまで貯めた住宅用資金(b)
+ 両親等からの援助(c)
− 諸費用(d)

計算してみよう

「借りられる額」「無理なく返せる額」のうち 小さい金額
万円  (a)
これまで貯めた住宅用資金 万円  (b)
両親等からの資金援助 万円  (c)
物件タイプ
諸費用
={(a)+(b)+(c)}×新築5〜7%(中古10%)
万円  (d)
あなたの適正な物件の予算は?
(a)+(b)+(c)−(d)
万円

家を買っても生活予備費は残そう──生活予備費

マイホームを購入する際、できるだけ頭金に回そうとするあまり、手元資金をほとんど残さない方がまれにいます。すぐにまとまったお金が入る予定があるのであればいいのですが、そうでなければとても危険なことです。
ローンを組む組まないに限らず、「生活予備費」はしっかり手元においておく必要があります。これは家計の防波堤になり、いわゆる自家保険でもあります。リストラや会社の倒産も他人事ではないですし、家族が病気で入院した、事故に遭った、親が倒れた・・・などのリスクに備えるために、目安として生活費の半年分から1年分を取り分けておきましょう。自営業の方は会社員と違って保障が薄い分、多めに備えておくと安心です。
ローンが発生するようになってからの毎月の支出が25万円、ボーナス時1回30万円の支出がある人は、半年分なら180万円、1年分なら360万円。これは必ずキープしたいものです。


[住宅ローンガイド]トップに戻る