ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > カードローンを借りるなら金利無利息サービスをチェック!借入期間と金額で選ぶ商品を変えよう

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第659回
カードローンを借りるなら金利無利息サービスをチェック!借入期間と金額で選ぶ商品を変えよう (2016年02月06日)

冬のレジャーでお金を使いすぎてしまい、生活費が給料日まで厳しいです。来月の給料日まで初めてカードローンを利用しようと思いますが、金利が無利息の商品もあると聞きました。どのように商品を選んだら良いでしょうか?(Mさん 石川県 30歳)
カードローンは借りる金額の大きさや、返済期間をどれくらいにするかで利用する商品が違ってきます。初めてカードローンを利用するなら一定期間金利無利息サービスもチェックして、自分がどのカードローンを選ぶべきか、内容を良く見てから決めましょう。

少ない金額を短期的に借りるなら金利無利息サービスの利用も検討

生活費の一時的な補てんなど、数万円~10万円程度の比較的少ない金額をカードローンで借りる場合は返済期間も短くなると思われますので、金利無利息サービスのあるカードローンを検討してみましょう。同じ金利で借りるなら、支払う金利を少なくすることができます。

新規契約者向けに常に金利無利息サービスを行っている商品では、無利息サービス期間内に全額返済すれば、金利負担無しで利用できるということになります。金利無利息期間は30日という設定が多いようです。無利息期間内に全額返済できない場合は、期間終了日の翌日時点の残高に対し、期間終了以降利息を支払うことになります。

また、新生銀行のカードローン「レイク」では金利30日間無利息のサービスの他、5万円まで金利180日間無利息というサービスもあります(新規契約者向け)。下表のとおり、実質年率18.0%で10万円を90日間借り入れた場合、金利180日間無利息の方が支払利息は少なく済みます。

【参考】 カードローンで10万円を90日間借り入れた場合の違い(※実質年率18.0%)
  毎月返済額 最終月返済額 利息総額
金利30日間 無利息 34,000円 33,463円 1,463円
金利180日間 無利息 34,000円 32,986円  986円
金利 無利息期間なし 34,338円 34,338円 3,014円

(筆者作成)※毎月返済額、利息総額は参考値

また、普段は金利無利息サービスを行っていない金融機関でも、季節的にキャンペーンを行う場合があります。例えば、オリックス銀行ように無利息対象期間の金利を全額キャッシュバックといったものもありますので、利用を検討してみても良いでしょう。

【参考】 オリックス銀行カードローン「実質金利0%~ご返済利息を全額キャッシュバック~」

2016年1月18日~2016年3月31日の間に新規申し込み、2016年4月8日までに契約された方を対象に対象期間内の返済利息をキャッシュバック。 キャッシュバック対象期間 は契約日から2016年5月10日。

詳細はこちらから

大きい金額を借り入れて返済も長期になりそうな場合

借りる金額が大きく返済期間が長くなる場合は、金利無利息サービスにとらわれず、実質年率を重視して商品を選び、金利負担額を少なくするようにしましょう。返済期間が長くなればなるほど短期間の金利無利息のメリットは少なくなり、より実質年率の低い商品の方が総返済額を少なくすることができます。

例えば、春に引っ越しや結婚式などのイベントで資金が不足しそうなので、数十万円以上の大きい金額を借り入れるといった場合、返済期間も数か月から数年程度になります。目的別ローンやフリーローンを選ぶ方法もありますが、定期的な返済の他に臨時返済も組み合わせてなるべく早く返済したいというような場合は、繰り上げ返済手数料が無利息のカードローンも選択肢になります。

カードローンの実質年率は、利用限度額に応じて決まる商品の他、審査や年収で決まる商品などもあり、決め方が金融機関や商品によって異なります。自分はどのくらいの実質年率で借りられるのか、いくつかの金融機関に審査を申し込んでみるのも良いでしょう。最終的には、具体的な返済計画を立てた上で、実質年率と借入期間、借入金額などにより総合的に判断して商品を選ぶと良いでしょう。

担当:福島 佳奈美 (執筆:2016年02月02日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する