ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 2011年の海外旅行に威力を発揮するクレジットカード

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第406回
2011年の海外旅行に威力を発揮するクレジットカード (2011年02月25日)

今年のゴールデンウィークはまとまった休みが取れそうなので、長めの海外旅行に行こうと考えています。海外旅行で使い勝手のいいクレジットカードがあったら教えてください。(Y.Mさん 32歳 会社員)
早々とゴールデンウィークに海外旅行を計画しているとのこと。大金を持ち歩かなくてもいい、旅行先で様々なサービスが受けられるクレジットカードは、海外旅行の必需品といえます。クレジットカード選びのポイントは、年会費のあるなしと金額、ポイント(マイル)プログラム、サービス内容ですが、海外旅行に使う目的なら、特にトラベルサービスに注目するといいでしょう。

トラベルサービスが充実したカードを選ぼう

羽田空港の新国際ターミナルのオープン、LCC(ローコストキャリア=格安航空会社)の参入、そして、円高ということで、海外旅行がますます身近になる環境が整っていますね。しかも、今年のゴールデンウィークは、前半は5月2日に休みを取れば4月29日~5月5日までの7日間、後半は5月6日を休めば3日~8日までの6日間の連続休暇になります。2日と6日に休みを取れば10日間の長期です。近場の海外旅行に頻繁に出かけるのもいいですし、思いきって遠くの国に出かけてみるのもいいでしょう。

海外旅行に行くなら、クレジットカードは今や欠かせないアイテムです。旅行代金の支払いはもちろんのこと、旅先でのショッピングなどの支払い、そして、様々なサービスで旅行をサポートしてもらえるからです。特にトラベルサービスが充実した、海外旅行に強いクレジットカードを作ってお共させましょう。これからカードを作ろうと考えている人、海外旅行用に新たにカードを持ちたいと考えている人に検討して欲しいカードを紹介します。ANAとアメリカン・エクスプレスの提携カードです。下表は、通常のカードとゴールド・カードのサービスをまとめたものです。

  ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 5,250円(税込) 32,550円(税込)
トラベルサービス ●出発前にくつろげる「空港ラウンジ」
●海外旅行先での手配を日本語でしてくれる「グローバル・ホットライン」
●最高3,000万円までの補償の「海外旅行傷害保険」
●出発前にくつろげる「空港ラウンジ」
●海外旅行先での手配を日本語でしてくれる「オーバーシーズ・アシスト」
●「エアポート送迎サービス」
●「手荷物無料宅配サービス」
●最高1億円までの補償の「海外旅行傷害保険」
プロテクション・サービス ●カードの盗難、紛失の場合の緊急再発行
●商品の破損、盗難を補償する「ショッピング・プロテクション」
●インターネット上の損害を補償する「オンライン・プロテクション」
●カードの盗難、紛失の場合の緊急再発行
●商品の破損、盗難を補償する「ショッピング・プロテクション」
●インターネット上の損害を補償する「オンライン・プロテクション」
●もしものキャンセルに「キャンセル・プロテクション」
ポイント・プログラム カード利用金額100円=1ポイントで貯まったポイントは、申し出るとANAマイレージクラブに1,000ポイント(=1,000マイル)単位で移行できる。ANAグループで利用するとポイントは通常の1.5倍。 カード利用金額100円=1ポイントで貯まったポイントは、申し出るとANAマイレージクラブに1,000ポイント(=1,000マイル)単位で移行できる。ANAグループで利用するとポイントは通常の2倍。ポイントの有効期限はなし。
ANAマイレージクラブ 世界中のANAマイレージクラブ提携航空会社の利用でマイルが貯まる。ANAグループ便利用は、通常のフライマイルに加え、搭乗ごとにボーナスマイル(区間基本マイレージ+10%)がもらえる。 世界中のANAマイレージクラブ提携航空会社の利用でマイルが貯まる。ANAグループ便利用は、通常のフライマイルに加え、搭乗ごとにボーナスマイル(区間基本マイレージ+25%)がもらえる。
ANAカードマイルプラス 提携店、対象商品を購入すると、ポイントとは別にマイルも自動積算される。 提携店、対象商品を購入すると、ポイントとは別にマイルも自動積算される。

* アメリカン・エキスプレスホームページより抜粋

ポイントプログラムも充実!

海外旅行に出かける前は、空港ラウンジを無料で利用でき、旅先でレストランの予約や医療機関の紹介を日本語でしてもらえるのは嬉しいですね。また、航空券またはツアー代金の支払いをカードで行えば、海外旅行傷害保険がついているのも安心です。

カード選びで、やはり気になるのは、ポイントプログラムです。上表を見ていただくとわかるように、ポイント・マイルが効率よく貯まるプログラムとなっています。また、入会特典としてボーナスマイルが1,000マイル(ゴールド・カードは2,000マイル)、継続特典として、翌年以降毎年1,000マイル(同2,000マイル)もらえます。これなら、普段使いのカードとして使い勝手がよさそうですね。年会費についても、ものは考えようで、ゴールドカード でも1日あたりの年会費は100円を切りますから、日ごろのお買い物や公共料金や各種保険料などの支払い使って、それ以上のメリットを得られることを考えれば、年会費を支払ってでも入る価値はあるのではないでしょうか。

担当:小川 千尋 (執筆:2011年02月18日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する