ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 冬のボーナス、繰上げ返済する?借り換える?

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第394回
冬のボーナス、繰上げ返済する?借り換える? (2010年11月26日)

そろそろ冬のボースが支給されます。貯蓄しようか、住宅ローンの繰り上げ返済をしようか迷っています。(D・Kさん 37歳 会社員)
景気の先行きが読めない昨今、将来に備えて貯蓄を増やしたい気持ちは誰にも共通した思いです。しかし、住宅ローンのある人はローン残高を減らすことも、将来への備えになります。余裕資金がある程度、貯蓄できているなら、冬のボーナスは繰り上げ返済に使う、あるいは借り換えを検討するといいでしょう。

冬のボーナスは3年振りのプラスに

そろそろ冬のボーナスの支給額が気になり、使い道を模索しないといけない季節になりました。皆さんのご家庭では、支給額の見込みはどうでしょうか?

日本経団連の2010年冬のボーナス調査(第1回計、92社)によると、1人あたりの平均妥結額は77万6949円。前年実績より3.76%増で、3年振りのプラスとのこと。この妥結額は平均なので、業種によってバラつきがあり、プラス幅が大きい業種、逆にマイナスになった業種もあります。また、この調査は東証一部上場・社員500人以上の会社を対象としたものなので、中小企業は、平均妥結額より少ないと思われます。

仮にボーナスは増えたとしても、やりくりは依然として気を抜けない厳しい状況にあります。そのため、消費は最小限に止めて、残りは貯蓄に回そうという人も多いようです。しかし、住宅ローンを借りている人は、繰り上げ返済や借り換えを検討してみてはいかがでしょうか? ローンの利息節約効果で得られるお得は、貯蓄で得られる利息より大きいのが一般的だからです。

繰り上げ返済のしやすさで借り換えローンを検討するのもアリ

繰り上げ返済は、借りている金融機関によって、最低金額や手数料などの条件が異なります。条件をよく確認して、手数料を上回る効果があれば実行しましょう。また、下記の項目のうち、1つ以上に当てはまる人は借り換えを検討しましょう。

  • ・ローン残高は1000万円以上ある
  • ・ローンの返済期間は10年以上残っている
  • ・変動型、短期固定型などで、将来、金利上昇の不安がある
  • ・現在の金利と、借り換えを検討しているローンの金利差は1%以上ある

住宅ローンの借り換えには、保証料や事務手数料などで数十万円の費用がかかるローンもあるので、イー・ローンの検索機能を使って、保証料は不要、事務手数料が安いなど、使い勝手のいい借り換えローンを探しましょう。

なお、借り換え後も、余裕資金ができたら、繰上げ返済を断続的に行って早く返済を完了させたいもの。借り換えローンを検討する際、繰り上げ返済のしやすさにも目を向けるといいでしょう。下記に、インターネット繰り上げ返済は手数料無料、返済額の設定が柔軟なローンの条件をまとめておきました。

●主な銀行のインターネット繰上げ返済の条件
  手数料 繰り上げ返済額 時期・回数
東京スター銀行
預金連動型「スターワン住宅ローン」
無料 1円以上1円単位 いつでも回数の制限もなし
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行の住宅ローン
新生銀行
新生銀行パワースマート住宅ローン
ソニー銀行
住宅ローン
1万円以上1円単位

* 筆者調べ

* 「手数料」は一部繰上げ返済手数料

* 東京スター銀行は、「メンテナンスパック」の利用が条件

担当:小川 千尋 (執筆:2010年11月19日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する