ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 自動車関連の支出を見直そう!

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第340回
自動車関連の支出を見直そう! (2009年11月05日)

家計を見直そうと思っていますが、車がないと生活できないので、自動車関連の支出は見直さなくてもいいですよね? (Kさん 男性 30代)
車が必需品の家庭にとっては、自動車関連の支出は必要経費と言えます。だからこそ、自動車関連の支出を聖域視しないで、見直してみることをおすすめします。この支出を5%でも10%でも節約できれば、家計見直しの効果を少しでも高めることができます。

まずは、自動車関連の支出を把握することが大切!

自動車にかかる支出は、ガソリン代、駐車場代(戸建てで駐車場付きの場合は不要)、 メンテナンス・アクセサリー費用、車検費用、税金、自動車保険の保険料、自動車ローン(ローンを借りた場合のみ)があり、費目だけでもたくさんあります。 これらは、毎月、年1回、2・3年の車検時など、支出時期がバラついているため、家計費に占める支出割合を把握しにくいもの。 ぜひ一度、自動車関連の支出だけを抜き出して、毎月の支出に置き直した場合の割合を計算してみてください。 「えっ、こんなにかかっていたの?」と、感じる人が多いと思います。

自動車関連の支出の中身と金額を把握できたら、削れるところはどれかを探って削っていきましょう。 その中でも、意外と支出が多い項目はガソリン代ではないでしょうか。

ガソリン代節約のためにエコカーに買い替えるのも一つ

ガソリン代は、民主党の公約の1つである「暫定税率」が廃止されれば(2010度実施予定)、その分は下がります。 しかし、使用量を減らしておくに越したことはありません。そのために、燃費のよいエコカーに買い替えるのも1つの方法です。 エコカーへの買い替えは、長い目で見て、ガソリン代の節約になるだけでなく、環境への負荷も減らせます。 今なら、エコカー減税(環境対応車減税)が適用され、税金が安くなります。また、発売後13年超の車をエコカーに買い替えると補助金ももらえます。

買い替えにあたって自動車ローンを利用する場合は、イー・ローンの検索サイトを活用しましょう。 借入期間や金利タイプなどの条件を絞り込んで検索すれば、効率よく自動車ローンを比較できます。 たとえば、金融機関へ行く手間がないという方は、イー・ローンの検索条件の中で「来店不要」の項目にチェックを入れて比較してみましょう。

来店不要の自動車ローン(新車)一覧
来店不要の自動車ローン(中古車)

他にも、自分の居住地や、金利タイプなどでも絞り込み検索ができますので、いろいろ試してみましょう。

自動車保険も見直してみよう

また、家計診断をしていく中で、見直し余地があるとよく言われるのは、「保険の見直し」で、 これは自動車保険についてもあてはまります。ですから、自動車保険料についても安くできないか調べてみましょう。 運転者の年齢や補償の内容、使用目的、免許証の色、年間走行距離など、保険料が安くなる条件は同じでも、 保険会社によって保険料は微妙に異なります。更新を控えている方は、ぜひ一度自分の自動車保険と比較してみることをお勧めします。

自動車保険は、各社サイト上で簡単にシミュレーションができるようになっています。 インターネットを使って契約をすると、割引になる自動車保険(例えば、SBI損害保険はインターネット割引と証券不発行割引両方の適用で6,000円割引される)もありますので、 ご自身で一度サイトへアクセスしてみると良いでしょう。

景気は持ち直してきたとはいえ、雇用や消費の状況を見る限りは、まだまだ厳しい日々が続くことが予想されます。 「自動車は必要経費だから」という理由でそのままにしておかずに、「どこかにムダがあるはず」という目線で見てみると、 見直し可能な項目をたくさん発見できるはずです。みなさんも次のお休みの日などにインターネットなどを活用して、 ちょっとだけ時間をかけてみてはいかがでしょうか。

担当:小川 千尋 (執筆:2009年10月29日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する