ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 急場を凌ぐ超短期のキャッシング/カードローン利用法

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第292回
急場を凌ぐ超短期のキャッシング/カードローン利用法 (2008年11月27日)

忘年会シーズンに入り、急にお金が必要になることがありそうです。上手なお金の調達法があったら教えて下さい。(東京都 31歳 会社員)
忘年会シーズンともなると、急にお金が必要になる場面もあるでしょう。そんな、急場を凌ぐ超短期のキャッシング/カードローンの利用方法を2つご紹介します。

銀行のATM手数料より安くすませる

急に忘年会に誘われて、おサイフの中が心配。でも、銀行のATMを使うと時間外手数料や他行ATM利用料を払わなければならないこともあります。そんなときは、キャッシング/カードローンを借りて、超短期で返済するというのも選択肢のうちの一つです。例えば、3万円を借りて翌日に全額返済すると、1日分の利息は3万円×0.18(実質年率18.0%の場合)÷365(日)=14円となります。もし、翌日に返済できなくても、1週間後に返済すれば、14円×7日=98円で、ATM手数料より安くてすみます。

一定期間無利息のローンを利用する

忘年会が立て込んでおこづかいが足りなくなってしまい、給料日までの数日間を凌ぎたい方もいるでしょう。そんな方には、まだ数は少ないですが、一定期間内(7日・10日・30日など)に全額返済すれば利息はかからないキャッシング/カードローンを利用する方法もあります。 これは、初回契約日の翌日から何日間という“初回限定”の特典であることが多いのですが、シンキの1週間無利息キャッシング「ノーローン」は、初回だけでなく何度借りても7日間は無利息で利用できます(ただし、無利息になるのは完済日の翌月以降)。1週間無利息キャッシング「ノーローン」は、忘年会シーズンに限らず、「給料日までちょっと足りない…」というときにも利用できますね。

どちらの方法も、申し込んだ時間や審査にかかる時間などによっては、その日のうちにお金を借りられないことが考えられます。ですから、急にお金が必要になることが予想される方は、余裕をみて2~3日前にキャッシング/カードローンに申し込んでカードを作っておくといいでしょう。申し込みの際は、本人確認書類(健康保険証、免許証、パスポートなど)などが必要になりますから、どこで申し込み手続きをしても大丈夫なように、これらの書類を準備しておくことをお忘れなく。

そして、借りるときは、きちんと返せるかどうかを確かめて、節度を持って利用するようにしてください。また、うっかり返し忘れるということがないよう注意しましょう。

担当:小川 千尋 (執筆:2008年11月20日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する