ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 銀行系おまとめローンを利用したい人は?

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第209回
銀行系おまとめローンを利用したい人は? (2007年04月05日)

6社から借入れして現在350万円近くの借金があります。年収は300万円なのに、年収以上に借金が膨らんでしまって・・・できれば、安心感のある銀行系のおまとめローンで借金を一本化したいのですが。(T.K.さん、32歳)
年収等の条件によって、銀行系のおまとめローンは、保証人等がいなければ難しいかもしれませんが、検討してみる価値があるでしょう。

以前は「お金を借りる」といえば・・

ちょっと前まで、お金を借りるといえば、真っ先に思い浮かべるのは「銀行」でした。
それが今や、銀行以外にクレジット会社や信販会社、消費者金融などなど。さまざまな金融機関で気軽にお金を借りることができるようになりました。
それだけに、ただ単に「お金を借りる」といっても、どこでどのように(金利は?返済期間は?審査は?返済方法は?等々)お金を借りるかによって、その後の生活がガラリを変わる可能性もあるのです。
例えば、50万円借りるにしても、A社とB社で返済条件が異なれば、借りたお金は同じでも、総返済額は全く違います。どこでも借りられるけれど、その内容は千差万別。安易に考えずに慎重に融資先を検討することが重要なのです。

銀行系おまとめローンのメリット&デメリットは?

その点、銀行系のおまとめローンの一番のメリットは、金利が低いこと。また、多くの人が、住宅ローンなどのその他のローンや給与振込み、定期積立、公共料金引き落とし等で銀行を利用しており、親近感や安心感が得られるほかに、ポイント制で金利優遇を受けられる場合もあります。銀行系などのおまとめローンの特徴について、詳しくはこちらを参照してください。
そこで、そんなお金を借りたい人がまず考えるであろう、銀行系のおまとめローンを紹介します。

東京スター銀行「BEST BANK」

東京スター銀行のおまとめローン商品です。商品内容等は、次の通りです。おまとめローンを検討している人には、借入金額1,000万円までと大口である点や、繰上返済手数料などの手数料がかからない点はメリットです。

  • 借入金額:50万円以上1,000万円以下(10万円単位)
  • 借入期間:1年以上7年以下(1年単位)
  • 借入利率:年利13.5%~14.5%(保証料を含む)
  • 返済方法:元利均等返済方式
  • 担保・保証人:原則として不要
  • 事務取扱手数料・繰上返済手数料:不要

担当:黒田 尚子 (執筆:2007年03月23日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する