ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > FPからのアドバイス > 墓地や墓石の購入にローンは利用できますか?

FPからのアドバイス

FPからのアドバイス

雑誌・新聞等で活躍中のファイナンシャルプランナーがローンやお金に関する様々な情報をご提供し、ローンの借り方や返し方などをアドバイスしていきます。

第189回
墓地や墓石の購入にローンは利用できますか? (2006年11月02日)

自分に万一のことがあったときのために、今のうちから墓地や墓石の準備をしておきたいと考えています。ただ、手元の資金が一度に減ってしまうことも心配なのですが、墓地や墓石の購入に利用できるローンはありますか?(56歳 Hさん)

墓地や墓石の購入に利用できるローン

墓地には、公営、民営、寺院とその形態もいくつかの種類があり、形態によって、また地域によってもその金額はさまざまです。かかるお金には、永代料のほか、墓石を立てる場合にはその購入費用などがあり、平均では合計で300~400万円程度とも言われています。このようなまとまった金額が、一度に出ていってしまうのが不安という場合には、ローンの利用も検討の価値があります。
墓地や墓石の購入には、一般のフリーローンの他、目的ローンで「メモリアルローン」、「墓苑ローン」、「葬儀・葬祭ローン」などのネーミングの商品が利用できます。借入金額が小さければ、変動金利でのフリーローンの利用も良いでしょうが、300万円近い金額を借入れ、5年程度の期間をかけて返済するのであれば、金利の上がらない固定金利タイプを利用すると安心です。目的ローンであれば、変動金利のフリーローンと大差のない金利で借入れすることも可能です。

<墓地や墓石の購入に利用できるローンの例(固定金利)>

・フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン

 パーソナルローン【メモリアルローン】
     借入可能額   10万円 ~ 300万円
     最長借入期間  5年
     金利        固定金利 5.8%

千葉銀行

 メモリアルローン
     借入可能額   300万円
     最長借入期間  7年
     金利        固定金利 8.0%

葬儀費用にも利用することができる

メモリアルローンの中には、葬儀費用にも利用できるものもあります。葬儀費用もかかった金額の平均は約345万円(東京都生活文化局「葬儀にかかわる費用等調査報告書」、2002年3月)となっています。遺産や貯蓄でカバーできればよいのですが、生命保険金でカバーしようと考えている場合には、すぐには準備できないこともあるでしょう。このような場合には、一時的にローンの利用をするのも良いでしょう。

担当:高田 晶子 (執筆:2006年10月26日)

メルマガ登録はこちら

FPからのアドバイスをお届けする『FPメールマガジン』や、お得なキャンペーンの情報などを無料メールマガジンで配信しております。
ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方はぜひご登録ください。

登録する