ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > ローン業界探検隊 > 一石二鳥で地球環境にやさしいユニークなリフォームローンが登場。

ローン業界探検隊

ローン業界探検隊

キャッシング、ローンのサービスはいかに立案・提供されているか?ローン会社へのインタビュー取材でお伝えします。

第7回  株式会社 損保ジャパン・クレジット
一石二鳥で地球環境にやさしい ユニークなリフォームローンが登場。

省CO2性能を高める住宅リフォームと環境保全活動への寄付・・・この2つの実現を支援するリフォームローンが損保ジャパンから新発売された。その開発理念とユーザーメリットを探ってみた。

省CO2性能を高める住宅リフォーム資金融資の金利優遇

損保ジャパンがこの度発売した "損保ジャパンNETリフォームローン【R100】ecoプラン"は、太陽光発電設備設置などの省CO2性能を高める住宅リフォームについて、通常金利(3.9%)よりも年0.3%の優遇金利(3.6%)が適用される点が第1の特徴になっている。さらにこの商品には、融資実行金額の0.3%相当額(例/融資実行額が100万円であれば3,000円)が環境保全活動に寄付されるという業界初の特徴が付随している。こうしたユニークな商品開発の背景となった企業理念について、同商品の企画開発に携わった損保ジャパン・クレジット取締役企画部長の岩本康成氏は次のように語る。
「損保ジャパングループは、昨年、金融・保険機能を生かし社会的課題の解決に資する新商品・新サービスの提供など地球環境への取り組みに関する約束を宣言し、環境大臣から、"エコ・ファースト企業"の認定を受けました。今回新発売した"損保ジャパンNETリフォームローン【R100】ecoプラン"は、そのような宣言を個人向けローン商品として具現化したものです」。

寄付金で生物多様性を育む里地里山再生・活動を支援する

ローンの実行金額の一部が寄付される環境保全活動とは具体的にどのようなものなのだろうか? 損保ジャパン・クレジット企画部の植松麻紀子氏は次のように説明する。「地球上に多様な生物が存在している状態を生物多様性と言いますが、私たちは、食物の調達ひとつをとっても生物多様性から多大な恩恵を受けています。一方、里地里山とは、人が森を切り開いて田畑を作るなどして自然環境に手を加えた、日本伝統の田園地帯に見られる場所であり、自然のまま、あるいは100%人工的な環境より生物多様性を育むのに適しています。残念なことに、農業従事者の後継者不足などにより、この里地里山が荒れてしまい、それに伴い生物多様性も急速に失われることに。そこで、里地里山の再生・保全活動に取り組む団体を支援するための資金源として、ローン融資実行金額の一定割合に相当する額を当社が寄付する仕組みを構築したのです。寄付金は、"損保ジャパンNETリフォームローン【R100】ecoプラン"の発売に合わせてNPO法人エコロジーオンラインが設立した『里山どんぐり募金』に寄付され、里地里山再生・保全活動に取り組む団体の支援に使われます」。
損保ジャパングループは、従来からCSR(企業の社会的責任)金融を推進しており、環境団体とのコラボレーション実績も豊富だ。そんな企業だからこそ、個人の環境保全に対する思いを環境問題の解決に確実につなげるような仕組みとして具体化した商品を開発できたと言えるだろう。

※このコラムに記載されている情報は2009年01月28日現在のものです。