ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > ローン業界探検隊 > ゆとりを持って賢く使える!ビジネスパーソンを応援する一枚

ローン業界探検隊

ローン業界探検隊

キャッシング、ローンのサービスはいかに立案・提供されているか?ローン会社へのインタビュー取材でお伝えします。

第11回  オリックス・クレジット株式会社
ゆとりを持って賢く使える!ビジネスパーソンを応援する一枚

仕事も家庭も社会的な責任が大きくなってくるのが、30~40代のビジネスパーソンだ。責任が大きくなるにつれて、お金が入り用になる機会も増えてくる。とは言え、まとまったお金を借りると家計の負担になるのでは…そんな心配をしている人のためにローンカードについて探ってみた。

カード誕生の原点は"ビジネスパーソンにふさわしいカードは何か"

30~40代のビジネスパーソンは、仕事だけでなく、プライベートも充実してくる時期だ。そのためには何かとお金も必要になってくる。そんなビジネスパーソンのことを考えて誕生したのが『VIPローンカード』だ。
「『VIPローンカード』は、"ビジネスパーソンにもっともふさわしいカードとはどんなものか?"を原点に作られたカードです」と語るのは、オリックス・クレジット株式会社・営業推進部長の白川英一氏。一般的に30~40代ともなると、仕事上での責任はもちろん、結婚して家庭を持ったり、子どもが生まれるなどして、責任も大きくなってくる。ときには急な接待費用がかかることもあるかもしれない。あるいは、教育費など大きな費用がかかることもあるだろう。しかし、クレジットカードのキャッシング枠は一般的に数十万円程度。また、金利も決して低いとは言えない。金利が低く、かつ、利用可能枠にもゆとりがほしいところだ。
「『VIPローンカード』は、1枚でこれらのニーズに応えられるカードを作ろう、と考えました。利用可能枠にゆとりを持たせながらも、低金利を可能にするにはどうしたらいいのか、というコンセプトでバブルがはじける前の1987年に発売を開始しました。世の中が高金利のときに、いかに低金利を実現できるかというチャレンジでもあったのです」(白川氏)。

低金利を実現するために徹底的にコストにこだわる

『VIPローンカード』は、実質年率5.9~15.0%、利用可能枠は最大で500万円。なるほど、ローン業界でみると金利は低く、利用可能枠も大きい。これらの商品特性を生み出せた秘密を前述の白川氏に伺ってみた。
「低金利を実現できた理由の一つは、店舗を持たないということ。二つ目は、銀行などと提携し、自社のATMを持たないということ。自分達でインフラを整えようとするとこれもまた莫大な費用がかかるのです。それよりは、提携することでコストを抑え、かつ、多くのネットワークを持つことで、お客さまの利便性を重視しました。そして、三つ目がネット広告を中心にすることで広告宣伝のコストを抑えるようにしています」
また、ネット取引のみに特化した『カードレスVIP』の場合、オリックス・クレジットが負担するカード発行の費用がない。その分を金利に反映させて、さらに有利な実質年率5.5~14.6%という金利を実現している。

※このコラムに記載されている情報は2009年05月28日現在のものです。