ローン比較リスト気になるローンを徹底比較!ローン比較リストへ
イー・ローン > ローン業界探検隊 > 不動産担保ローンで、確実に借入金を減らす道筋を立てる

ローン業界探検隊

ローン業界探検隊

キャッシング、ローンのサービスはいかに立案・提供されているか?ローン会社へのインタビュー取材でお伝えします。

第1回  株式会社セゾンファンデックス
不動産担保ローンで、確実に借入金を減らす道筋を立てる

複数のローンを、比較的低利な不動産担保ローンにまとめること。
プロのアドバイスに従い現実的な返済プランを立てることで、借入金を確実に減らす道筋が見えてくる。

ローンの完済を願う顧客の力になりたい

不動産担保ローンは、所有不動産を担保に融資を受ける個人向けローン。使途は自由なため、自営業者の事業資金など様々な目的で利用されている。一方、クレディセゾングループの個人向け融資会社、(株)セゾンファンデックスでは不動産担保ローンの利用目的で一番多いのが、キャッシングやカードローンなどからの組み替えだという。同社ファイナンス部長の星野一郎氏は、そのサービスコンセプトについて「無担保の小口ローンを日常的に利用するようになると、借入金額や件数がいつの間にか増えてしまい、ローン完済のメドがいつまでもつかない場合が少なくありません。当社はそんな問題を抱えるお客さまに、時間をかけても確実に借入金を減らすための手段として、不動産担保ローンへまとめることをお奨めしています。サービスコンセプトは、借入金を完済したいと思っていらっしゃるお客さまの力になることです」。

担保価値のみならず、顧客の信用力を重視

不動産担保ローンは、融資枠を比較的大きく確保できる場合が多い。そのため、ローンをまとめやすく、かつ、無担保ローンよりも利率が低いため、返済のメドも立てやすくなる。ただし、不動産を担保にとるからといって、最終的に不動産を売らなければ返済できないような無理な融資は絶対にしないというのが、セゾンファンデックスのスタンスだ。「借入限度額を設定する際には、不動産の担保価値だけではなく、収入とのバランスを特に重視します。なぜかといえば、個人所有の不動産は、万が一、返済不可能になれば、生活の場も奪われることになり、それはお客さまにとって一番のデメリットだからです。ですから、収入の範囲内で確実に返すことができる堅実な返済計画をお客さまとの話し合いの中で作り、それに則って、確実に借入金を減らしていただけるようにするのが当社のポリシーです」(星野氏)。

※このコラムに記載されている情報は2008年07月23日現在のものです。